賃貸アパートでかかる費用

敷金や礼金は覚えておきましょう

賃貸マンションに比べて賃貸アパートは家賃が安い物件が多いため、一人暮らしをスタートさせる時や結婚生活をスタートさせる時の有力な選択肢になるでしょう。家賃の金額や立地条件など好みに合うかどうかを調べて候補を決めることになりますが、賃貸アパートでかかる費用を忘れないことが大事です。たとえば、敷金や礼金は契約する際にかかる可能性がある費用なので覚えておくことをおすすめします。退去時の原状回復に使用される敷金だったり、大家にお礼として支払う礼金だったりなどの費用がかかると、契約時にそれだけ多く支払うことになります。ですから、できるだけ負担を抑えたいと考えている場合は敷金や礼金の一方か両方の支払いがない賃貸アパートを探しましょう。

仲介会社に手数料を支払う場合がある

毎月家賃の支払いが発生するので、負担の少ない金額の賃貸アパートを契約できるように丁寧に探して慎重に決めることが大切です。急いでいる時は早く決めたい気持ちが強くなるでしょうが、そんな時こそ落ち着いて冷静に判断することが住まいの満足度を高めるために重要です。賃貸アパートを選ぶ時は家賃だけではなく、仲介会社に支払う手数料も意識する必要があります。物件を管理している不動産会社を訪れて内見を行い、魅力的な賃貸アパートが見つかった場合は契約の手続きを行うことになります。その際、仲介会社に手数料を支払うことがあるため、事前に金額を把握しておけば戸惑ったり、困ったりする事態にはなりません。また、仲介手数料を支払うのを避けたい時は、大家が直接管理している賃貸アパートを探しましょう。