賃貸アパートの築年数

基本的には築年数が経過しているほど家賃が安い

賃貸アパートに住む予定で探している場合は家賃や設備、立地などに加えて築年数にも注目しましょう。基本的に築年数が経過している賃貸アパートほどお得な金額で借りられる傾向にあるため、できるだけ負担を減らしたいと考えている場合は家賃と一緒に築年数の情報も確認することをおすすめします。たとえば、20年や30年、それ以上の年数が経過している場合や外観や内装、設備などかなり古くなっている可能性があります。古さは室内の温度に影響を及ぼすことがあり、快適な生活を送れるかどうか慎重に判断することが大事です。新しい物件に比べて断熱性能が落ちている分、夏は暑くて冬は寒さを感じやすくなる可能性があります。この点を理解したうえで契約することが重要です。

築年数が経過している物件ほど丁寧にチェックしよう

築年数が経過している賃貸アパートを契約する時は、細かい部分まで丁寧にチェックすることが大事です。築年数が3年や5年くらいなら新築時からそれほど経過していないので、短時間のチェックでも汚れや傷、設備不良などを把握できるでしょう。しかし、建築されてから20年や30年、40年と経過している賃貸アパートについては、適当にチェックしてしまうと大きな汚れや傷、設備不良を見逃してしまう可能性があります。見逃した結果、契約後に新生活をスタートさせた時に気付いたとしても諸費用を支払っているため、簡単に他の賃貸アパートに引越しするのは難しいでしょう。ですから、忙しい時でも築年数が経過している賃貸アパートは丁寧にチェックすべきです。